TOP 通信販売

ピアスホールとケア

ピアサー ピアッシング ホール&ケア

ケア
ピアスホールはいつでも清潔な状態にしておいて下さい
正しくピアッシングが出来たとしてもケアが正しくなければトラブルは起きてしまいます
ケアの必要な場所は耳の表面ではなくピアスの軸が接している耳たぶの奥です
耳朶の表裏から出ているポストの部分にジェルを付けてピアスを前後に動かしてジェルが耳朶の
内側を消毒出来るように用にします

ピアッシング後2ヵ月たってもホールがジクジクして安定しない場合は
他の原因も考えられるので専門家に相談しましょう (金属アレルギー)
今ではピアス専用の消毒用ジェルが販売されていますからそれを使うと簡単です
一般的によく使われているオキシドールとか、マキュロンとかを頻繁に使うと薬負けする事があります
また抗生物質軟膏は孔の中が拭き取れずに重ね塗りをすることになり逆に不潔になります

ピアスホールが出来るまで・・・
ピアッシングをして4〜6週間ピアス(ファーストピアス)を付けっぱなしにしていると孔の中が皮膚に変わってきます
ピアスホールは出来ましたが完成ではありません、完成にはピアッシングから半年位が目安になります
孔を開ければ直ぐにでもお気に入りのピアスが付けたくなりますが4〜6週間辛抱して下さい、期間には個人差があります
この段階のホールは非常にデリケートなので 慎重に取り扱わないと直に傷を付けて出血しますから注意しましょう
洋服・タオルなどをピアスに引っ掛けたり、就寝中に耳を圧迫したりしてもホールに傷を付けてしまうこともあります

ピアスホールの完成
この段階ではファーストピアスを使用するほうが無難なのですが・・・市販のピアスに交換する場合は注意して下さい
ポスト(ピアスの軸の部分)が細く、キャッチの留める力も弱いので、ピアスを落とさないように絞めすぎて
耳たぶを圧迫しすぎてトラブルに成る場合も有ります 着脱の時に細いポストの先端でホールを傷付けないように慎重にしましょう
金属アレルギーの問題もありますから素材にはこだわって、出来ればアレルギーフリーの商品が良いでしょう
帰ってきたらピアスをファーストピアスに付け替えましょう、ホールが安定するまでの辛抱です
ピアスの取り扱いに慣れたらピアスを外して、ピアスと耳たぶ(ホール)をよく洗って清潔にすればトラブルは防げます
また長時間ピアスを外すことが出来るように成ったら、寝る時は外しましょう
今迄は、遺物が詰まっている状態だったのを、ピアスを外して寝ることでピアスホールを休ませてあげましょう
ここまでくればピアスホールの完成はもうすぐです

ワンポイントアドバイス
市販のピアサーでピアッシングをした場合のファーストピアスの外し方をアドバイスいたします
ファーストピアスは簡単に外れないようにキャッチが固く成っています・・・
ピアッシング直後は就寝中に外れれば孔は塞がってしまいますし、キャッチが外れてピアスの軸が孔を傷つけたりします
ファーストピアスを外す時にホールを傷つける事があります
こらはホールの方向とピアスを引っ張る方向が一致しないからです
右耳のピアスの外し方
   左腕を体の前に固定して親指と人差し指でピアスの頭の部分をしっかりと持ちます
右腕の親指と人差し指でキャッチ持ちキャッチを外します
   この時、左手は固定したままにして右手でキャッチを後方に引っ張るようにして外します
   キャッチが外れたらピアスとゆっくりと抜き取ります
決して左手でピアスを前方に引っ張るようにして外さないで下さい、必ずキャッチを先に外してください
ピアスを外した後のホールをティッシュで摘んで血液が付かなければ順調です

ピアスホールが完成したら純銀粘土でオリジナルピアスを作りませんか

作り方は簡単!!

粘土感覚で造形して焼成すれば純銀アクセサリーの完成です
自分のデザインを自分で制作する…貴方もチャレンジしませんか
手作り作品はプレゼントにも最適です