TOP 通信販売

ピアッシングの方法

ピアサー ピアッシング ホール&ケア

ピアスをする為にはピアスホールを作らなければなりません
綺麗なホールを作るにはピアッシングをする方法・器具が問題です
ピアッシング
ピアッシングをするということは、その場所にわざと傷を付けるということですからケアが大切になります
ピアッシングの方法は色々あると思われますが、どの方法で開けようと思っていますか?又は開けましたか?
病院で開ける、市販の専用器具で開ける、身近な器具(安全ピン、ミシン針、画鋲、等)で開ける、が大部分だと思われます

ピアッシング器具の使い回しは絶対してはいけません

保健衛生上問題なのが器具の使い回しです。これは絶対にしてはいけません
自分自身を守る為にも絶対にやめなさい!


身近な器具で開ける・・・
若い人(特に学生)の中には、この方法でピアスを開けている人が多くいるように思います
特に数多く開けている人に多いようですが、孔の向きが不揃いになったりしてピアスを付けた時見苦しくなります
ピアッシング用に作った物ではないので、衛生上、機能上からも望ましくありません
機能上の問題は針の先が曲がっていたり、バリが有ったりしてピアッシングの時、器具で無理にこじ開けるようになります
これでは組織を破壊し、わざと傷を 大きくしているようなものですからトラブルになる可能性も高く成ります

病院で開ける・・・
だれもが一番安全で確実で安心できる方法だとお考えだと思います。私もそう思います
しかし、このような方は別だと思います・・・
病院で開けたから大丈夫?、先生から何も言われていないから、薬が出なかったから、といって何のケアもしない人
これで化膿もせずに治癒したのならば、それはただ運が良かっただけなのです
病院で開ければ後は何もしなくても良い訳ではありません、傷には変わりはありませんから当然ケアが必要です

市販の専用器具で開ける・・・
今、最も一般的で安全、確実な方法かも知れません
滅菌梱包の一回だけの使い捨てタイプなので非常に衛生的です
ピアサー(ピアッシングする器具の通称)には色々な種類が有りますが、金属アレルギー対応のピアス付きが良いと思います
今では病院でもチタン製・医療用樹脂製等のピアスを使うところが殆どです
耳たぶの厚い人にはロングタイプ(8mm)、軸太ロングタイプ(10mm)もあります
また、開ける場所によっても専用のピアサーも用意されています、軟骨用(耳たぶの上の硬い部分)とか鼻用などが有ります

正しくピアッシングが出来たとしてもケアーが正しくなければトラブルは起きてしまいます